ポリープ

ポリープPolyp

婦人科で診断される主なポリープは、「子宮頚管ポリープ」と「子宮内膜ポリープ」があります。ほとんどのものは良性ですが、ごく稀に悪性が見つかることもありますので、気になる際にはご相談ください。

子宮頸管ポリープ Cervical polyp

子宮の外側にある、子宮頸管に出来るポリープを「子宮頸管ポリープ」といいます。症状がないことが多くほとんどが良性ですが、約0.1%に悪性が見つかることがあります。
原因は明らかではありませんが、女性ホルモンの影響や、細菌が感染して炎症を起こすことが関係していると考えられています。

症状

出血などの症状があるものや、癌検診で異常が認められた場合は切除が推奨され、切除したポリープは念のため組織検査し、悪性腫瘍でないことを確認します。再発することもあるので、年に一度の子宮癌検診の際には必ずチェックし、切除せずに経過観察する場合には定期検診が必要となります。

子宮内膜ポリープ Endometrial polyp

子宮内膜ポリープは、子宮内膜の細胞の一部が増殖してできる良性の腫瘍で、無症状の方が多くみられます。超音波やMRIで診断できることが多く、稀に悪性が見つかることもあるため宮内膜細胞診を行う必要があります。

症状

不正出血や重い生理痛、貧血を伴うこともあり、その場合や悪性の可能性があるものなどは摘出する必要があります。不妊治療の際に摘出を勧められることもあり、中でも1㎝を越えるものは、自然に消えることが少なく、大きくなるにつれ悪性の可能性も高まるため摘出することが推奨されます。摘出方法は、ポリープの取り残しやそれによる再発を防ぐ為に、子宮鏡手術を行う方法が一般的です。