卵巣嚢腫

卵巣嚢腫Ovarian cyst

通常、卵巣は子宮の左右に一つずつあり、2~3cmぐらいの大きさです。ここに発生した腫瘍が卵巣腫瘍であり、大きいものでは30cmを超えることもあります。卵巣腫瘍は、大きく分けて嚢胞性腫瘍(卵巣嚢腫のこと)と充実性腫瘍に分けられます。卵巣嚢腫が約90%を占め、若い方にも多くみられます。

卵巣嚢腫の分類

漿液性腺腫
(ショウエキセイノウホウセンシュ)
さらさらの液体がたまった腫瘍
粘液性腺腫
(ネンマクセイノウホウセンシュ)
どろどろの粘液状の液体がたまった腫瘍
成熟嚢胞性奇形腫
(セイジュクノウホウセイキケイシュ) 
 腫瘍の内部に脂肪や髪の毛などが含まれている腫瘍
チョコレート嚢胞
卵巣に月経血成分が貯留することで卵巣が腫大した腫瘍
機能性嚢胞
実際の卵巣腫瘍ではなく、排卵ができなくて卵胞が存続したもの

症状

ほとんどが良性で、無症状の方が多いことが特徴です。検診や他の科を受診した際に、偶然指摘されることもあります。腫瘍が大きくなると、圧迫感や下腹部痛、頻尿などの症状が現れる事があります。

検査

エコー検査、MRIなどを行って、のう腫なのか、充実性腫瘍なのかを診断します。悪性かどうかの判断のために腫瘍マーカー(CA125,LDH、AFP、hCGなど)を用います。

治療

一般的に5〜6㎝くらいになると茎捻転(ねじれる)の恐れがあるため、摘出手術をお勧めしております。通常は腹腔鏡で病巣部分だけを摘出しますが、サイズが大きいものや、悪性が疑われる場合は、開腹手術による卵巣切除が必要になることもあります。片方の卵巣を摘出しても、将来の妊娠は可能です。手術をせずに経過観察する場合は、1~3か月おきに定期的な診察をお勧めしております。