中絶薬

※ 日本では使用できません。

中絶薬Abortion drug

「ミフェプリストン」と「ミソプロストール」という2種類の錠剤を組み合わせて服用することで、人工的に自然流産と同じような子宮収縮を起こすものです。副作用として、膣内の出血や腹痛、吐き気などが起こる可能性があり、鎮痛剤を併用します。

早期(妊娠7週目)の中絶であれば、95%以上の確率で中絶できるとされています。約500人に1人の割合で、追加で中絶手術を必要とする可能性があるといわれていますが、これはペニシリン使用後に「アナフィラキシーショック」が起こる危険性と同じくらいごく稀にしか起こりません。中絶薬は、WHO世界保健機関が「女性の体と心への負担がより少ない」として、推奨している方法で、WHOの必須医療品(※1)にも指定されています。

1988年にフランスと中国で初めて認可されました。その後、アメリカ医師会は「従来の手術による中絶より安全性が高い」と認可を求め、2000年頃からはアメリカの他、広い世界で普及し、現在、イギリス・スウェーデン・オーストラリア・タイ・台湾・インドなどを含む、60以上の国と地域で認可されています。しかし、日本はいまだに認可されていません。
中絶薬は、基礎疾患や薬剤アレルギーを持っている方など、使用できない方もいるため不適切な使用や個人での輸入などは絶対にやってはいけません。

しかし、世界的に「女性への負担がより少ない」と認められている中絶薬が、今後は日本でも承認され、正しく使用される日がくることを心より願っています。

(※1)大多数の人が健康を保つために必要不可欠で、いかなるときでも必要とするひと誰にも、「適切な供給量・投与形態」でアクセスできる価格で提供されるべきもの。