子宮内膜症×子宮腺筋症

  • 子宮内膜症×子宮腺筋症

子宮内膜症×チョコレート嚢腫Endometriosis×Chocolate cyst

子宮内膜症とは、本来は子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜組織が、子宮以外の場所(卵巣、腹膜、膀胱など)で発生してそのまま発育する病気です。中でも、「卵巣に発生した子宮内膜症をチョコレート嚢腫」と言います。卵巣に月経血成分が貯留し、チョコレートの様な液体を含んだ嚢胞となる為、このように呼ばれております。

症状×治療

強い月経痛や月経困難症、排便痛、性交痛、骨盤痛、腰痛などの痛みに加えて不妊の原因にもなります。生殖年齢の女性のうち約7~10%に認められます。

エコー検査、血液検査による腫瘍マーカー(CA125)、MRIで診断します。 治療は主に、鎮痛剤やホルモン剤を用いる「薬物療法」と「手術療法」があります。

薬物療法

すぐに妊娠を望まない場合には、低用量エストロゲン・プロゲスチン配合の薬物(LEP)を用いての治療を選択しますが、効果が不十分な場合や何らかのリスクで内服できない場合はプロゲスチン製剤(ジェノゲスト)が選択します。

手術療法

薬物療法で痛みがコントロールできない場合と、妊娠を考えている場合に検討します。根治術としての効果があるかは明らかではありませんが、子宮内膜症による痛みを軽減させる目的で「レボノルゲストレル放出子宮内システム(ミレーナ)」を用いることもあります。

GnRHアゴニスト

「GnRHアゴニスト」という、閉経したときのように女性ホルモンの分泌を低下させて排卵及び生理を止め、子宮内膜の増殖を抑える方法もありますが、副作用としては更年期様症状、骨量減少などがあり、投与期間は6か月のみで治療終了後には再度病変が増大するため、長期的には使用しません。いずれの治療を受けても再発率が高いため、少なくとも閉経までの長期的な管理と検診が必要となります。

子宮腺筋症Uterine adenomyosis

子宮腺筋症とは、本来子宮の内側(内腔)に位置する子宮内膜に類似した組織が、子宮筋のなかにできる病気です。30歳代後半~40歳代の経産婦さんに多くみられます。内診や経腟超音波検査、エコー検査で診断しますが、子宮筋腫との合併も多く、診断が難しい時はMRI検査も併用します。

症状×治療

無症状の方が多いですが、強い月経痛や過多月経を起こす事で、貧血症状、下腹痛、性交痛、圧迫症状、不妊などの症状を引き起こすがあります。

何らかの症状があれば治療の対象となり、子宮内膜症に準じた薬物療法が行われます。妊娠を希望されない方には、子宮動脈の血流にカテーテルを用いて人工的に塞ぐことで、腫瘍への栄養供給を止める「子宮動脈塞栓術(UAE)」が選択されることもあります。

しかし、根本的な治療法としては子宮摘出術が行われます。将来妊娠を希望される方の、外科的治療として病変部だけ切除するという手術方法もありますが、再発のリスクが高く、有効性と安全性が確立されてないうえ、保険適応にもなっておりません。