子宮頚がん×子宮体がん

  • 子宮頚がん×子宮体がん

子宮頚がんCervical cancer

子宮頸がんとは、子宮下部の管状の部分である子宮頸部に生じるがんです。子宮がん全体の約7割を占める割合で、最近では20代~30代の方の発症が増加傾向にあります。子宮頸がんが発生する原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスに持続的に感染する事と考えられています。このウイルスは性交渉を経験した女性の多くが、一生に一度は感染すると言われる程、ありふれたウイルスです。毎年、約10,000人の女性が子宮頸がんになり、そのうちの約3,000人が死亡しているという報告もあります。

症状

主な症状としては、普段と違うおりものが増える、過多月経、性交時の出血などがあります。 さらに症状が進行すると、尿や便に血が混じったりすることもあります。早期発見・早期治療が重要となっており、定期的な検診が大切です。

検診

細胞診検査(スメア検査)といって、柔らかいブラシで子宮頸部を優しくこすり、細胞を採取します。検査結果が出るのに1~2週間かかります。初期症状がほとんどない為、異変や症状がなくても、20歳を超えたら少なくとも2年に1度、子宮頸がん検診を受診することをお勧めしております。

子宮体がん(子宮内膜がん)Endometrial cancer

子宮上部(子宮体部)に生じるがんを「子宮体がん」といいます。子宮体がんは、子宮体部の子宮内膜から発生する為、「子宮内膜がん」とも呼ばれます。原因の約80%以上は、エストロゲンという女性ホルモンの過剰分泌とされております。その為、生理不順、肥満、閉経が遅い、出産経験がない方などの発症リスクが高くなっております。また、近年の食生活の欧米化などに伴って、増加しているという統計もあります。

症状

子宮体がんを疑う症状としては、おりものの異常、下腹部の痛み、腰の痛みなどがあり、中でも特に多い自覚症状は不正出血です。子宮頚がんに比べ、子宮体がんになる年代は50歳代がピークと、比較的高齢である為、閉経後または更年期での不正出血がある時は、特に注意が必要です。

検診

細胞診検査(スメア検査)といって、柔らかいブラシで子宮の上部を優しくこすって細胞を採取し、顕微鏡で前がん病変の細胞やがん細胞を見つけます。結果が出るのに1~2週間かかります。子宮体がんのスメア検査では、子宮の奥にブラシを挿入する為、人によって腹痛や出血を伴うことがあります。症状は一時的なことがほとんどですが、続く場合には医師のご相談ください。