カンジダ腟炎

  • カンジダ腟炎

カンジダ腟炎Candida vaginitis

カンジダ菌は、健康な女性でも皮膚や口内、消化管、腟などに存在する“常在菌”です。
免疫力の低下(風邪・疲労・睡眠不足など)や抗生剤の服用、妊娠、下着の締め付け、糖尿病などによって異常発生し、腟の外部周辺のヒリヒリする痛みや、かゆみ、おりものの異常を引き起こします。

検査・治療

治療には、抗真菌薬の膣錠が使用されることが多く、ほとんどの方が改善しますが、症状を繰り返す方には、内服薬による治療もあります。(保険適用)しかし、内服薬に関してはごく稀に、吐きや下痢などの副作用も報告されていることと、妊娠中や授乳中には使用できないので注意が必要です。通常は、膣剤治療開始後1週間程度で症状が改善しますが、症状が悪化する場合には、早めに再診するようにしましょう。