バルトリン腺嚢胞・膿瘍

  • バルトリン腺嚢胞・膿瘍

バルトリン腺嚢胞・膿瘍Bartholin gland cyst・abscess

バルトリン腺とは、腟前庭の後部にある、汗腺や唾液腺のような分泌物を出す器官です。 そこに粘液が貯留し、嚢胞状に膨れ上がります。「炎症がないものをバルトリン腺嚢胞」、感染を起こして「炎症があるものをバルトリン腺膿瘍」といいます。

膿瘍は外側に膨れ、自身でできものを触れるようになります。炎症が進行すると、痛みが悪化し痛くて椅子に座れなくなることもあります。原因菌として、陰部に常在するブドウ球菌や連鎖球菌、大腸菌のほか、酸素を嫌う嫌気性菌、または、クラミジアや淋菌などが原因で引き起こす場合もあります。

検査・治療

痛みと腫瘤を自覚されて受診する方が多く、嚢胞が小さい方や、症状がない方は、経過観察となることもあります。しかし、痛みなどの症状がある場合には治療が必要になります。

軽症であれば内服薬で治療可能なことが多く、穿刺・切開などの外科的な治療も行います。 何度も再発を繰り返す場合や、硬い腫瘤を触れ、悪性が疑われる場合などには、根治的な治療法であるバルトリン腺嚢胞摘出術を実施することもあります。