細菌性腟症

  • 細菌性腟症

細菌性腟症 Bacterial vaginosis

細菌性腟症は、腟内の常在菌などのバランスが崩れたときに起こる腟感染症です。膣内は、主にLactobacillus(ラクトバチルス=乳酸菌)属が酸性を保つことで、雑菌の侵入を防いで健全な状態を保っています。しかし、ストレスや免疫力の低下により、膣内の正常細菌のバランスが崩れることにより異常を引き起こします。

約半分の方は無症状ですが、おりものの増加や臭い、膣外陰部の痛みや痒み、不正出血などを引き起こし、放置すると子宮内膜炎、卵管炎などの原因になることもあります。特に、妊婦の方は流産や早産の原因ともいわれているので必ず治療を受けるようにしましょう。

検査・治療

まず、膣内の洗浄をしてオリモノをできるだけ取り除いてから、腟の分泌液を検査します。治療には主にメトロニダゾールという膣錠を使用します。メトロニダゾールには内服薬もありますが、内服中と内服終了後3日間は副作用が出るため飲酒をする方は注意が必要です。外陰部は石鹼など使用して洗うと、粘膜に必要な脂分を洗い流してしまい、かえって炎症を悪化させますので控えましょう。